ブログ

21.07.28

2021年の天日干し梅干し、漬け込み完了!

2021年6月29日に梅もぎ開始。水に浸しアクをぬいて、塩で下漬け。7月10日までかかりました。塩は下に沈んでいくので、上に多めにかけます。

数日すると、梅からたっぷりと梅酢が出来ています。耳たぶの柔らかさになったら天日干しします。

梅の下漬け、天日干しと同時進行で赤シソを塩で漬けてます。きれいに洗って
水分をとってから枝から葉をもぎ取ります。

塩で漬け梅酢を入れると赤シソの色が鮮やかにかわります。

干した梅の軸を一粒一粒取り除きます。

太陽の日が当たる様に、毎日梅の向きを変えていきます。

干しあげた梅、梅酢で漬けた赤シソを一緒に桶に入れて、あとはじっくり待つのみ。天気のいい日に、桶を太陽の日に当てながら、約2ヶ月ほど漬け込み、10月ころに桶出しし、販売する予定です。

この時期は雨が突然降ったりするので、いつも空を眺め、梅を出したり引っ込めたり・・・。体力がいる作業です。連日の猛暑で水分塩分を補給しながら、ようやっと2021年の梅干しの漬け込みが完了しました。今年もいい梅干しが出来そうです。どうぞお楽しみに!

Twitterでシェアする Facebookでシェアする */ ?>